ソリトンウェーブ取扱製品 Q.ExamDiffをウィンドウズ・エクスプローラから起動するには?

TOP 一覧画面 /ExamDiff Pro 質問する
キーワード検索

and OR


カテゴリ一覧
・全カテゴリ
・ ExamDiff Pro
・ HDLトレーナ
・ USB2.0プロトコルアナライザ 1480A
・ Code Red社製品
・ Terasic社製品
・ EPU-20 R3
Q ExamDiffをウィンドウズ・エクスプローラから起動するには?

説明 バージョン3.2にはシェル統合機能が備わっており、ウィンドウズ・エクスプローラから2つのファイル又はフォルダを選択し、ExamDiff Proで比較を行うために呼び出すことが可能です。
選択方法は、下記の2パターンあります。

@1つのファイル又はフォルダを同時に選択し、右クリックしてメニューから「比較」を選択する。

A1つのファイル又はフォルダ第1比較ファイル/ディレクトリとして比較」(a)で選択して、もう1つのファイル又はフォルダを「“(a)”と比較する」で選択する。(下図参照)



また、バージョン3.1又はそれ以前のバージョンをご使用の場合はExamDiff Proへのショートカットを「Send to」フォルダ(ローカルディスク(c;)のDocument Setting)に追加する必要があります。追加後、比較したい2つのファイル/フォルダを右クリックし、メニューの「送る(N)」で「ExamDiff Pro 」を選択すれば、比較を行うためにファイル/フォルダを呼び出すことが可能です。バージョン2.6h以降にはインストールの際、このショートカットを追加することが可能なオプションがついています。            


戻る

QandaCGI © CopyRight chama.ne.jp