ソリトンウェーブ取扱製品 Q.project navigatorで、CPLDに書き込む直前のConfigureDevice(impact)の段階でLPT1につながったHDLトレーナーを認識してくれません。

TOP 一覧画面 /HDLトレーナ 質問する
キーワード検索

and OR


カテゴリ一覧
・全カテゴリ
・ ExamDiff Pro
・ HDLトレーナ
・ USB2.0プロトコルアナライザ 1480A
・ Code Red社製品
・ Terasic社製品
・ EPU-20 R3
Q project navigatorで、CPLDに書き込む直前のConfigureDevice(impact)の段階でLPT1につながったHDLトレーナーを認識してくれません。

説明
1. PCのハードウェア互換に由来する問題
ISEは稀にプリンターポートの接続に不具合を生じます。一部のPC(特にノートPC)においてプリンタポートのドライブ能力不足、プリンタケーブルのインピーダンスにより書込みに不具合が生じる場合があります。
また、一部のPCメーカーの製品においてもこのような現象(いわゆるハードウェア相性の問題)になる場合が報告されています。対策としては、以下の方法を実施して頂けるようお願い申し上げます。
  1. プリンタケーブルを使用せず、プリンターポートへ直接HDLトレーナーを接続
  2. パラレルカードを別に設ける
  3. USBパラレルを使用する
  4. 別のパソコンを使用する
2. アプリケーションの競合による問題
WebPACK4.2と5.1を同時にインストールしてある場合、競合を起こして4.2がプリンタポートを認識しない場合があります。その場合一度すべてをアンインストール後、一つのアプリケーションをインストールし直します。


戻る

QandaCGI © CopyRight chama.ne.jp